【hitotsubu】クネクネくつ下が好きな理由

兵庫県芦屋市 mokono
「クネクネくつ下」

公式HPより

「今では数少ない昔ながらの編み機を職人さんがひとつひとつ調整していきます。ガシャンガシャンと音を立てゆっくりと出来上がるくつ下はどれもクネクネとねじれていました。それは一本一本の繊維に撚りがあるからだそうです。日々のクネクネくつ下はプレスでカタチを整えず、編み上がったままの風合いでお届けすることにしました。それは履いて・洗ってを繰り返すうちに繊維の撚りがゆるみ、糸がふわっと膨らんでねじれがとれ、優しい履きごこちに馴染んでいく姿がとても愛らしく思えるからです。自然素材を使った締めつけないくつ下で足下の小さな幸せをお届けいたします。」

 

2015年から、お客様からのご紹介で、ひと粒で取り扱いを始めました。
私自身、4年、愛用しているからこそ、
自信を持ってオススメしたいアイテムです。

種類はそんなに多くはないですが、
その中でもリピートして履いているものを、さらに絞って選んでいます。

選んでもらう幅を広げるより、
限られた空間で、私が伝えられることを、伝えたい。

モノが溢れる今、
オンラインでポチッと、距離を超えて買い物ができる今、
小さな個人店ができること。
日々考えるところです。

 

店用クロックスですが・・・

私がずっと気に入って愛用しているのが、
「綿リブくつ下」
程よい厚みもあり、締め付けがなく、そして丈夫。
上の写真は私が数年履いているものです。

そして今回気になっていた「薄綿リブくつ下」も履いてみました。

柔らかくてやさしい履き心地。
そして履いた瞬間、空気がふわっと暖かさを感じます。

これはとっても気持ちいい。
薄綿リブくつ下。

クネクネくつ下は、締め付けがないのが一番好きなところです。
それでいてゆるくない。
まさに身体に寄り添うくつ下。

履いてみての心地よさはもちろんですが、
mokonoの代表竹岡たまみさん、スタッフの方とのやり取りの中で、
まだお会いしたことはありませんが、
お心遣いにとても感動するのです。

小さいお店で、毎回少ない発注ですが、
一つ一つに、ちゃんと向き合ってくださる。

そのお人柄や思いが、
工場との繋がり、そして生み出される商品に現れるんだなと思っています。

 

綿リブくつ下、薄綿リブくつ下
どちらも、靴に合わせて、お楽しみください。

 

綿リブくつ下 税込¥1,925

薄綿リブくつ下 税込¥1,815

Scroll to top