【学びのワ】土に還る しめ縄作り-文化とは-

日時:12/25 10:00-12:00
費用:¥1,000 ワンドリンク付き
*しめ縄追加1本¥500
講師:三瓶彰治 こずえ(只見町)

 

見本

10年前、ひと粒をオープンした時からずっとやりたかったしめ縄のワークショップがやっと実現しました。
大量に売られているしめ縄にずっと疑問を抱きつつ、
各地で文化は違うようですが、会津では各地で「歳の神」があり、
その時に燃やします。
新年に神様をお迎えするためのしめ縄。
「燃やして土に還るもので作りたい。」
ずっと思っていました。

いろんなご縁が繋がり、只見町でしめ縄作りを教えている三瓶夫妻と出会い、
昨年友人家族で、クリスマスパーティーの翌日に、しめ縄作りを体験しました。

飾りも全て自然のもので、地味ではありますが、家族の幸せを願い作ったしめ縄が玄関に飾られているのは、とても嬉しいものでした。
そして「歳の神」の日。
しめ縄を火の中に投げ入れる時は、少し誇らしく、
「ありがとう」と自然と感謝の気持ちが出てきました。
今思うとそれは、「自然への感謝」だったのかな。

只見の岩山に生息しているイワシバ

藁で作るのが一般的かと思いますが、伊勢神宮は麻、出雲神社はマコモを使っているそうです。
只見町では、岩山に生息している「イワシバ」を使います。
藁はとても固いので、叩いて柔らかくして使うのですが、
イワシバはとても扱いやすいです。

6月頃の梅雨の時期、タイミングをみて、採りに行くそうです。
そして天日でよく乾かし、保存しておきます。
使用するときは、水に濡らしておくと柔らかく、編みやすくなります。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

まずは飾りで使う縄ないから。
そしてしめ縄作りに入ります。
しめ縄は神様へのものなので、縄とは逆になります。
より(ねじる)をかけながら、もじって(交差させ編んで)いく。
単純なようで、なかなか力のいる作業です。

新婚夫婦でのご参加

二人で息を合わせてやっていくと、やりやすいです。
今回は、ご夫婦や家族での参加もあり、それぞれ楽しく作っていただきました。

しめ飾りの飾りには、色々な意味合いがありますが、
今回は、自然に還るもので、楽しく作っていただくこと。
三瓶ご夫妻が只見の山々から色々な飾りを採ってきてくださり、
その素材をみるのもとても楽しく、皆さんフラワーアレンジのように熱中していました。笑
燃やすのがもったいなくなりますね。

利便性と豊かさ、そして文化とは

ちょっと話は飛びますが、
最近とても感じること、
インターネット、スマホの普及で、情報はワールドワイドになっているかのようですが、まだまだ小さな島国日本。
テレビや、大手スーパーの市場の私たちに与える影響は、計り知れなず大きいなと感じます。

幸せとは?仕事って?豊かさって?

いつの間にか刷り込まれている「幸せ像」「安心のかたち」

利便性を求めたが故の、今のスーパーの品揃えの現状。
震災や出産を機に見直している洗剤などから、たどり着いた感想です。

利便性と豊かさとは、相反する方向へ向かっているような気がしてなりません。
それはあくまで私の価値観からですが。
便利さをお金で買って、そして得たものとは何だったのでしょうか。

「モノ」を皆さんにお届けしている立場から、
この溢れるモノの中で、色々考えさせられることが多いです。

このしめ縄も、今やお金を出せば簡単に買える日本の文化となってしまいました。
日本が、自然との暮らしの中で培い、育んできた「文化」
時代が変われば、文化ももちろん変わっていくと思います。
言葉が悪いかもしれませんが、経済活動の餌として繋げている文化には、
もはや何が残っているのでしょうか。

家族を持ち、田島という田舎町に腰をすえ2年が経ちました。
40歳を目の前に、
暮らす町、国、世界、そして地球、自然、
暮らし、生き方、仕事、人生、
20代、30代ともがいて学んだこと、そしてこれからのこと。

「学びのワ」はそんなことを皆さんと学び、共有、共感する場になったらいいなと思っています。
どれが正解かわかりませんが、これからの私たちの暮らしが「文化」となっていく中で、過去を学び、経験し、そして新しく作り上げていけたらなと思っています。
しめ縄作りもその一つです。
お正月には飾らなくてはいけないもの。ではなく、
正しいやり方も大事ですが、まずは今の暮らしの中で、
私たちにとってどんな楽しみとなるのか
そんなことを一つ一つ紐解いていけたらいいなと思います。

Scroll to top