【暮らし】お引っ越し

コロナ、パソコンが壊れる、引越し、娘のIga血管炎、息子の胃腸炎。
昨年までの繁忙期とは違い、時間はゆっくり過ぎているようで、
4月からの3ヶ月があっという間でした。

2020/6/1
私事ですが、ご縁があり、お引っ越しをしました。
気づけばもう1ヶ月。

2017/3月に会津若松から南会津町田島へ引っ越し3年。
マスターの実家近くの空き家をかりて住んでいました。
木枠窓の昭和の家。

4畳半に布団を3枚敷いて、4人で寝ていました。
息子ももう4歳。
子供たちのおもちゃも散らかり放題笑
こじんまりとしたお家で好きでしたが、さすがに手狭になってきて、
娘が来年小学生になるまでには、もう少し広いところにと探していました。

田島の不動産屋「みのや」さんにお願いしていたところ、
4月に退去された家をお声掛けいただき、見に行ったらとっても素敵!
そこもとても古い平家で、昔の良さも残りつつ、増改築しながら、
いろいろな方の暮らしの面影があり、
そして庭付き、部屋数も充分で、本当に魅力的なお家でした。

コロナがなかったら即決なのに・・・

そう、今もまだ続いている状況ですが、
その時はわけもわからず先の読めない状況。
売上もいまだかつて無い数字。

こんな時は、
思い切って決断する!
というより、気持ちのままに、流れに身を任せる。
しかないなと。
今までも大きな動きは、「決断する!」というより、
「いつの間にかそうなっていた。」
という感じだったので。

4月は感染拡大防止のため、店も週2日のお休みと、営業時間の短縮を行っていました。
ある意味のんびりと時間をいただいたタイミング。
お店は暇とは言え、日に日に変わる状況に、
店内も様変わりしていました。
テイクアウトの強化、
国、県、町の補助申請、
不安はないと言ったら嘘になりますが、
思ったより落ち着いて、毎日こなしていたように思います。

そんな中、「いい家だったね」
そんな思いが家族の中でとても大きく、
そして思いのままに、みのやさん、大家さんとの出会いに導かれるがままに、
引越しとなりました。

引越し先はすぐ近くだったので、
少し早く荷物運びができるように配慮いただき、
毎日少しづつ荷物を運びました。
ある意味、このコロナの状況下だったので、そんな時間ももてたのかもしれません。



おもいで

寒かったお風呂笑
でも夏は露天風呂気分でした。
洗濯機も中に配置だったので、壊れないかずっと心配していました笑

こめらの落書き。
それまでそんなことしなかったのに、引越しの数週間前にやらかしましたww
この家はこの後に貸す予定はなさそうで、
大家さんもこのままでいいよということで、そのまま・・・

息子が割ったガラス。

周りが畑で、隣の大家さんの家以外は距離もあり、
通りからも離れていたので、子供たちが遊ぶのにもいい環境でした。
外で田島の愛宕山を見ながらのんびり。
七輪もよくやりました。

田島でのスタートを支えてくれた家。
3年間ありがとうございました。


2020
世界が変わりゆく中、
家族と共に、新たな一歩です。

Scroll to top