toggle
2018-09-05

歩く理由を作る

こちらは現在田島のメインストリート。
けどその内、工事中のバイパスが通れば栃木方面から会津若松方面へはそちらを通る車が激増して、こちらの交通量は激減するでしょう。

「バイパスが通ればこっちの通りは厳しい」と言う人もいる。
厳しい、と言うのは商売するのが難しくなるという意味だと思うけど、車で通りかかった人がたまたま店に立ち寄るのをあてにして商売する人はまずいないと思うし、SNSを活用すれば誰でもPR出来る時代なので、交通量が減ったから客が減ったなどと言い訳をしてる場合でもない。
(言い訳せずに頑張ります)

もうすぐ来る変化を前にしてネガティヴに考えている暇は無いのでポジってみると、交通量が減る事によるメリット
・排ガスが減る→実際現状すぐススだらけになって困ってるので嬉しい!
・危険が減る→子供達の通学路にもなっているので、トラック等の交通量が減るのは安全面を考えると良い事。
・歩きやすい&自転車が走りやすい→車が減れば危険は減り開放感が増すので気分的にも歩いたり自転車で走ったりしやすくなる。

と言うわけでメリットもしっかりあると思うし、更に歩きやすい街づくりを進めて欲しいと思う。
具体的には、歩道の拡張や自転車レーンを作ったり、車の速度制限(30キロとか)を設けたりなど。
(空いた道路を片側駐車出来るようにする案は個人的には反対で、景観と安全面が問題になるし、結局車中心の考え方になってしまうと思う。)

僕や、その他商売を営む人達は魅力的なお店を作って、街を歩く理由を作り続けなければいけないと思う。
小さくても良い店が増えて、街を歩く事が楽しくなる事が僕の目標です。

さて、台風が通り過ぎて良い天気!今日も一日よろしくお願いします。

関連記事