本のある暮らし

*タンブラーより転記

今年もBook! Book! AIZU! の実行委員として参加させていただきました。

リトルプレス「oraho」の著者、山本晶子さんから始まったBook! Book! AIZU!
初回から実行委員を務める、喜多方「食堂つきとおひさま」の五十嵐夫妻が引き継ぎ、「一箱古本市」という形で今年8年目を迎えます。

お誘いをうけ、2013年から実行委員として関わらせてもらってます。

「本が好き」かと言うと、正直そうでもなく、あまり読むことのない生活を送っていました。

発起人の山本さん、実行委員の五十嵐夫妻、
憧れのひとたちと関わりながら、
本と遠ざかっていた自分自身が、このイベントに関わることで、どんな出会いがあるのか、そんな興味もありました。

実際、イベントを運営するとなると、
忙しくて本を読む暇などないのですが笑
というのも言い訳ですね。

そんなこんなで5年。
昨年田島に越してきて一年が経ち、暮らしのリズムが少し整ってきたので、
ふと町の図書館へ。

そこでふと見つけた本を借りてみました。

そんな時間を作れるようになったことが嬉しいのと、やっぱり「時間」は自分次第だなと改めて。

「本のある暮らし」
少しづつ、楽しみたいなと思います。

Scroll to top