映画「聖者たちの食卓」を味わうカレーなる夜

開催日: 2020年2月28日 6:30 PM - 8:00 PMカテゴリー: ,

【きまま・シネマ】
2020 さあ、カレーはじめです。


映画「聖者たちの食卓」を見ながら、カレー好きのこだわりカレーを味わいましょう。
限定15名の、カレーなる夜をお楽しみください。


日時:2/28(金)18:30-20:00
会費:¥3000
チケット:要チケット
定員:15名映画:「聖者たちの食卓」上映(65分)
食事:カレー4種とチャパティ&ワンドリンク

・CAFE JI MAMA「無水チキンカレー」@パキスタン
・ムラカミカレー「きいろ むんぐ だる」@インド
・ミナカワプラスワン「ポークビンダルー」@インド
・バングラ食堂「バングラ式ビリヤニ」@バングラデシュ
・チャパティ
・ワンドリンク

必ずチケット購入をおねがいします。
お支払いがクレジットカードのみとなります。ご了承くださいませ。

CAFE JI MAMA
「無水チキンカレー」@パキスタン

水を使わず野菜の水分と菜種油で鶏肉を長時間煮込んだカレー。
スパイシーなのに辛くなく、コクがあるのに後味スッキリ。
カレーの概念が変わるかもしれないカレーです。

🔶スパイス
コリアンダー、クミン、 シナモン、 クローブ、 ブラックペッパー、 カルダモン、 ワイルドカルダモン、 ターメリック、 カイエンペッパー、 アジョワン、 大蒜、生姜

ムラカミカレー
「きいろ むんぐ だる」@インド

むんぐだる=緑豆、なのに皮むくと黄色いキュートな豆な。
サラサラトロトロのあっさり系のカレーな。
味付け香り付けはシンプルにな。

🔶スパイス
ブラウンマスタードシード、カスリメティ、チリ、クミン、コリアンダー、ターメリック、ガーリック、生姜(千切り)

ミナカワプラスワン
「ポークビンダルー」@インド

インドの西海岸、ゴア地方がポルトガル領だったとき、ゴアの食文化とポルトガルの食文化がまじって生まれたカレーです。
スパイスと酢にじっくり漬け込んだお肉をたっぷりの玉ねぎとトマトでゆっくり煮込みます。
【ゴアの宝】と言われている調理法だそう。
化学調味料を使わず、塩の味付けだけでじゅうぶんな旨味を楽しめます。

ポルトガル領から独立した今、現地ゴアでは羊肉や鶏肉を使うことが多いそうですが、ここ日本では豚肉を使ったポークビンダルーが発展しつつあります。
トマトの酸味とはまたちがう酢の酸味、コクが特徴です。

🔶スパイス
シナモンスティック、ローリエ、クローブ、カルダモン、コリアンダー、クミン、マスタードシード、チリパウダー、パプリカパウダー
大津屋カレーパウダー
(コリアンダー、クミン、ターメリック、レモンピール、ジンジャー、カルダモン)
生姜・にんにく

バングラ食堂
「バングラ式ビリヤニ」@バングラデシュ

バングラ式ビリヤニ インドやその周辺国で食べられているスパイスとお肉の炊き込みご飯です。
バングラデシュでは結婚式などのお祝いごとには欠かせないメニューで、チキン以外にビーフやヤギ肉のバージョンもあります。
「日本ビリヤニ協会」なるものが存在するほど日本でも人気があります。
今回はバングラデシュ産の高級米「チニグラ」と「ギー」を使い、子どもでも食べやすい味付けにしました。

🔶スパイス
ローリエ、カルダモン、クローブ、シナモン ターメリックパウダー、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、生姜、にんにく

Scroll to top